便秘の解消ポイントは、その3

便秘 サプリで便秘解消ポイント、その他

便秘 サプリで食物繊維を摂っているにもかかわらず、

便秘が解消されない、などの話を聞きますが、便秘サプリを使う

時の問題点としては、便秘 サプリで食物繊維が十分に補給

されているか、短期間の食物繊維摂取になっていないか、などを

チェックする必要があります。




た、女性の場合、大腸に蠕動運動を起こさせる筋力を鍛える

のにも、男性からみると時間がかかるそうです。

腸を鍛える方法として、1日20分くらいのウォーキングや1日に

数回、1回3〜5分くらいの腹式呼吸を行うと効果があり、

腹筋運動やストレッチもできればしたほうがいいそうです。




して、便秘を改善のために水を多く飲むという事も大切です。

水分の多い便は、十分に柔らかく腸内の移動もスムーズで、

便秘改善に適した便なのです。

腸に、水分を強制的に送るには、たくさんの水分を一度に摂る

ことがお奨めします。





度に吸収できる水分の量は、200cc前後だといわれて

いますので、300cc以上の水分を摂取すると吸収できない

水分が大腸まで届いて、一時的な効果ですが便を柔らかくして

便秘の改善に役立ちます。





分を摂るタイミングは、朝起きた時は、夕食に食べたもの

は消化され、胃腸はゆっくりと休んだ状況です。

そこに、冷たい水が入ってくると、胃はびっくりして腸の

ぜんどう運動をおこします(胃・結腸反射)。





の結果として、強い便意を感じる事が出来ます。

この反射を利用したやり方は、朝起きてすぐが1番起こりやすい

のです。





制的に腸を動かして、一時的に便秘改善させるという方法が

ありますが、日本では、アロエやセンナなどと呼ばれる医薬品

ハーブがよく使われます。

便秘でお困りの方で、使われている人も多いのではないで

しょうか。





すが、最近の研究で、アロエやセンナを連続して使い続ける

と、逆に便秘の改善が遅れてしまうということが判ってきた

ようです。




ロエやセンナは、非常に強い力で作用して、腸にぜんどう運動

を起こさせ、一時的な便秘改善に効果が得られますが、逆に

そのことが原因で、腸に炎症を起こさせてしまうそうですから、

連続の使用には、十分な注意が必要になります。

便秘の解消ポイントは、その2

便秘をサプリで解消するにしても、便秘の解消ポイントは、

食物繊維の不足を解消する事です。

便秘をサプリで解消と考えても、食物繊維で便をつくる事が

出来ないと便は出ません。

よく便秘には、食物繊維を摂るように言われますが、なぜで

しょうか。




物繊維は、実は私たちの身体にとって、非常に重要な役割を

果たしています。

例えば、体に不要な脂肪や糖質、その他の有害物質を吸着し、

体外に排出し、腸内の善玉菌を増やす効果があるほかにも、

腸のぜんどう運動も、一定量の食物繊維があるほうがスムーズ

に働くのです。




べた肉類は、ほとんど小腸で吸収されてしまうので便としては

残りませんが、野菜などに多く含まれる食物繊維は、便となり

残るのです。

つまり、いくら便秘サプリで便秘解消と考えても、食物繊維が

便となるわけですから、食物繊維が不足状態では便が出来ず、

便秘になってしまうのです。





便秘の改善を行うためには、食事に食物繊維の量を増やすと

いうことは、そういう事なのです。

現在、日本人の平均的な食物繊維の必要摂取量は、1日に25g

なのですが、13gの食物繊維しか摂れていないと言われて

います。





も、1種類の食物繊維を摂り続けても、便秘改善の効果が

遅くなるのだそうです。

食物繊維は、何種類もあり、大きく分けて不溶性食物繊維と

水溶性食物繊維があります。





た、腸を鍛えて便秘を改善をする目的で摂取するものが、

不溶性食物繊維で6種類もあるそうです。

セルロース、ペクチン、植物ガム、マンナン、へミセルロース、

リグニンなど、これらの食物繊維を便秘サプリでバランスよく

摂ることで初めて、便秘の改善と腸内環境の改善が可能と

なります。

便秘の解消ポイントは、その1

便秘の解消をサプリで行うにしても、ポイントを

踏まえて行いましょう。

ポイント、その1は、腸内環境を整える。




プリで便秘解消、善玉菌優勢の腸内環境にしょう。

腸には非常に多くの腸内細菌がいて、大きく分けると3つの種類

に分類されています。

善玉菌(乳酸菌 腸内細菌)と悪玉菌、日和見菌です。

腸内細菌は、腸内環境に強い影響を与えます。





内に、悪玉菌や日和見菌が多い場合、

これらが出すアンモニアやメタンなどの有害物質が増えて、

腸内環境が悪くなり、腸の筋力の働きが衰えたり、便を探知する

センサーが鈍ってしまい便秘の改善が難しくなります。





た、腸の筋力を鍛えても悪玉菌と日和見菌が出す有害物質

が、せっかく鍛えた筋肉をダメにして便秘の改善を遅らせて

しまうことも多いようなのです。





便秘の改善がなかなかできない人の多くが、腸内環境、

あるいは腸の筋力を鍛えるのどちらかの便秘改善しか行って

いない場合と、どちらもやっていない場合になどになります。




便秘改善がなかなか進まない場合は、便秘改善サプリや

食物繊維サプリメントなどで、善玉菌(乳酸菌 腸内細菌)を

上手く摂取することで、便秘の改善を行う事が出来ます。





常、腸内環境を整えるためには、食生活の改善が必須に

なります。

よく言われますが、野菜を多めに摂ることは非常に大切です。

1日に25gの食物繊維が必要といわれていますが、現在の

日本人の平均的な食物繊維の摂取量は、13gです。





の他、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉の腸内細菌、

フルクトオリゴ糖などを意識的に多めに摂るといいでしょう。

ただし、腸内環境を整えるためには、バランスよく栄養を摂る

ことが大切なので、野菜ばかり食べればいいわけでなく、

それでは、逆効果になりかねません。